ファッション用語集用語集トップへ

ホーム >> ファッション用語集 >>  >> オクスフォード・シューズ

オクスフォード・シューズ

オクスフォード・シューズ(Oxford shoes)とは、靴の基本型のひとつであり、履き口が紐結び式でくるぶしから下でカットされた「短靴(たんぐつ)」の総称。
17世紀中ごろ(1665年頃から)、イギリスのオクスフォード大学の学生の間で長いブーツを廃して短い靴を履いたことから名づけられ、その短靴を原型としたものである。
19世紀になって、現在のような紐つきの短靴のことを呼ぶようになった。
現在ではさまざまなバリエーションが生まれているが、甲部の形によってバルモラル型(内羽根式)とブラッチャー型(外羽根式)の2種に分類される。

用語集トップへ