ファッション用語集用語集トップへ

ホーム >> ファッション用語集 >> ルック・スタイル・風俗 >> エドワーディアン・ルック

エドワーディアン・ルック

エドワーディアン・ルック(Edwardian look)とは、お洒落で知られる英国国王エドワード7世時代(在位1901縲怩P910)が流行させたといわれる服装を元につくられたファッションで、とくに男性の昼の礼服であるフロック・コートやフロック・スーツのような、全体的に優雅なスタイルをさす。
ベル・エポックやアメリカのギブソン・ガール時代に相当し、’50年代初めにはテディ・ボーイ・ルックとして、’60年代後半には典型的なピーコック・ファッションとして登場した。
ウエストをシェイプして裾が広がった、丈の長いジャケットと細身のパンツが特徴的で、エドワーディアン・ジャケットやエドワーディアン・スーツとも呼ばれた。
1960年代初めのモッズ・ルックのヒントとなっているともいわれている。

用語集トップへ