ファッション用語集用語集トップへ

ホーム >> ファッション用語集 >> 革・毛皮 >> バックスキン

バックスキン

バックスキン(buckskin)とは、バックとは鹿の意で、雄鹿の革、もみ革のことで本来は鹿皮の銀面をけずりとって起毛した革だが、現在では銀面を削り取って起毛させた革の総称である。buckは雄鹿の意味で裏を意味するbackと混同し、革の裏側を意味してバックスキンと称することがあるが、これは間違えである。本当はスエードという。なお、牛革銀面起毛させたものをヌバック、裏面を起毛させたもので、毛足の長いものはベロアと区別していう。靴や手袋、ジャケットなどに使われ、羊や子牛を使った模倣品などもある。

用語集トップへ