ファッション用語集用語集トップへ

ホーム >> ファッション用語集 >> 革・毛皮 >> フィッチ

フィッチ

フィッチ(fitch)とは、食肉目イタチ科で、アメリカンスカンクの類縁で同じ悪臭を発する、ヨーロッパケナガイタチや北米産のスカンクをさすポール・キャットのこと。ロシアや中国などに生息する。綿毛は白や黄色っぽく、刺し毛は白から褐色までさまざまで、毛足は短めで柔らかい。最上級は刺し毛長く、シルキーで平均的に黒く、綿毛が密で、腹部の色の濃いのが特徴で、白いコントラクトがはっきりしているのが望ましい。天然のままガーメントに使用される。色の割合によって、ウクライナから東欧、南欧に分布して、綿毛の色が濃い目のブラック・フィッチとシベリア、ウラル、南ロシア産で綿毛が淡色のホワイト・フィットの二種類分けることができる。そのほかにモンゴリア産の明るい黄色のパラダイス・フィッチというものもある。ポーランド産のパーウィッキーはトラのようながあるために、タイガー・フィッチともいわれる。アメリカとカナダで養殖が始まったのが1940年代で流行によって価格が大幅に変動した毛皮で、安価だったときはミンクセーブル風に染色された。しかし1970年代に入って、白いロシアン・フィッチの需要が高く、手に入らなくなったときにはどんミンクよりも価格が上昇した。ポーランド産のパーウィッキーはトラのようながあるために、タイガー・フィッチともいわれる。

用語集トップへ