ファッション用語集用語集トップへ

ホーム >> ファッション用語集 >> 織物・組織 >> 綾織

綾織

綾織(あやおり)とはたて糸・よこ糸ともに三本以上で組織し、表面にたて糸の多いものを経斜文(たてしゃもん)、よこ糸の多いものを緯斜文(よこしゃもん)と呼ぶ。綾目が右肩あがりのものを右綾、左肩あがりのものを左綾と呼ばれる。綾目の角度が水平に対し63度になったものを急斜文、45度なったものを正則斜文と呼ぶ。さらに両面綾と片面綾もあり、非常にバラエティに富んだ織である。織りの三原組織のひとつで、平織りに比べ糸の密度が高くふくらみのあるゆったりとした特徴をもつ。ギャバジンサージデニムタータン・チェックなどが代表的。

用語集トップへ